FC2ブログ
2018・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/01/27 (Tue) マクロスエース

マクロスA (エース) 2009年 03月号 [雑誌]マクロスA (エース) 2009年 03月号 [雑誌]
(2009/01/26)
不明

商品詳細を見る


買うのは内容みてからにしようと、今日本屋で立ち読みしてみました。
で、結局買ったんですけどね(笑)
いいとこもあれば、悪いとこもある。以下、私の腐的感覚の感想なので、ミハアルのことで頭いっぱいの方におすすめします、それ以外の方は読まれないほうがいいとおもいます。

まずは美樹本先生による、初代マクロスを新しい解釈で描かれたマンガはすごいなと普通に驚いた。昔のTVシリーズとまた違う感じのマクロスを楽しめそうです。

それ以外のマンガは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コメントしずらいです・・・・・

各マンガに一言言うといたら、

・ゼントラ弁当、マクロス風  
 まさらな4コマだな・・・・

・マクロスF番外編
 青木先生によるマクロスFのコミック版の番外編、読み始めた時はおいおいとおもったが、こんなもんかと、途中からあきらめた

・しーくれっとびじょんず
 ミシェルのあつかいがひどくて、もういい!ってかんじ。アルシェリの方にはなかなか美味しい話しかも。プロット協力に吉野氏ってあるけど、この方ミシェル嫌い?

・ドキ☆女だらけの水泳大会
 男性向けのサービスまんが。それだけ。

・超生徒会長シェリル(4コマ)
 そのまま、シェリルが美星学園の生徒会長になったドタバタもの。

・マクロス7thコード
 これ、一番ひどいかも、マクロス関係無いじゃん。

美樹本先生のマンガ以外、しょーじき私には不必要です、笑いは同人で補充してますから。じゃーなんで買ったかって?
マンガ関係はことごとく玉砕だったが、あのマクロスFの小説版を書かれてる小太刀右京先生による、アルトが転科したときの小説があるのよ、ミハアルとしては目を通しておかねばと。
小太刀先生やってくれます!予想通りミシェルとアルトの転科した時のお互い悪印象で始まる。またミシェルのアルトの分析がエロっ、「獲物を目の前にした、鷹の目だった。」とか、EXギアのインナースーツの下は薄手の下着か、なにもつけないのがこのましい、らしい。ぎゃー危険、と思ったらさっそく「いい体じゃないか」とミシェルの感想、もう視×してるよ~~~
できっこないと、散々アルトをからかうが、知らず知らず虜になってるミシェルがいい!
そして、シェリルもやった玉子つかみ、これは伝統の歓迎儀式ってやつらしい。そこの描写はさすが小太刀先生というしかない。
顔を白濁した液体に覆われながら、顔を真っ赤にして怒るアルトをミシェルはかわいいと思ってます、どーしましょう~~~~
怒った顔もかわいいね?とアルトの頬を撫でて、白い液体を拭い取る。これ以上キレイな顔台無しにしたくなかったら、さっさと帰れ!このSっぷりたまらんです、そーいうプレイなんですね、わかります(違う)

ちょっと抜粋するところ間違ってますが、ミハエルがいつごろSMSに入ったか、いつごろ女に走ったことも書いてありますので、興味ある人はどうぞ。
って、小太刀先生に二人の番外編をもっと書いてほしい、もうマンガ関係はいいです・・・・・(ドラマCDも先生にシナリオ書いてほしい、ワイ氏には担当してほしくないです。)
美樹本先生のマンガ連載と小太刀先生ミハアル小説だけでいいです・・・・・
 

スポンサーサイト

その他 | trackback(0) | comment(0) |


<<ぷち更新 | TOP | 「超時空進宙式典」参加方法>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://altohime.blog50.fc2.com/tb.php/124-c5f6d9c6

| TOP |

最近のコメント

プロフィール

紅

Author:紅
マクロスFのミハエルとアルトに萌まくりの腐です。
ミハアル中心に事がすすんでますので要注意です。

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。